北千住観光ガイド:歴史と魅力の詰まったスポットを紹介!メンズエステのついで北千住を散策!

北千住ガイド

北千住は、江戸時代の宿場町として栄えた歴史が感じられる地域です。北千住メンズエステを利用するついでに北千住の街を散策してみると、メンズエステ前のワクワクを高める前戯的な感覚として楽しかったり、サービス後の火照った体のクールダウンになったり、かなりおススメです。旧日光街道沿いに古い建物が数多く残るこの街は、江戸の風情を色濃く残しており、多くの観光客に愛されています。加えて、5つの路線が交差するアクセスの良さも魅力の一つ。最近では、「東京で住みたい街」としても人気を集めています。今回は、そんな北千住の魅力あふれる観光スポットを13か所、セレクトしてご紹介します!

足立の花火

足立の花火

北千住の夏を彩る「足立の花火」。その歴史は明治時代にさかのぼります。毎年開催されるこの花火大会は、その壮大なスケールで知られ、多くの観光客が訪れます。

  • 住所: 東京都足立区 荒川河川敷
  • 開催日時:令和6年7月20日(土)19時20分~20時20分 ※荒天中止
  • 打上発数:約13,000発 ※前回(2023年)は4年ぶりの開催だったため、約15,000発打ち上げました。
  • 場所:荒川河川敷 東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
  • 公式ウエブサイト: https://www.adachikanko.net/adachi_no_hanabi46

千住街の駅

千住街の駅

古き良き時代の雰囲気を残す観光案内所「千住街の駅」。こちらの施設では、地図やパンフレットを取り揃えており、観光の起点として最適です。元々は魚屋さんだった建物が、そのまま利用されています。休憩用のイスも完備され、疲れた時にはほっと一息つけるスポットです。

  • 開館時間:午前9時~午後5時(1月1日~3日は午前10時~午後4時)
  • 休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合と1月1日~3日は開館)、年末(毎年12月29日~31日)
  • 住所:足立区千住3-69(宿場町通り)
  • アクセス:JR常磐線、東武スカイツリーライン、東京メトロ日比谷線・千代田線、つくばエクスプレス北千住駅から徒歩5分
  • 電話番号:080-6630-8037
  • 公式ウエブサイト: https://www.adachikanko.net/about/tourist

千住大橋

千住大橋

徳川家康の直命を受けた伊奈備前守忠次が奉行として指揮をとり、文禄2年(1593年)に開始された橋の架橋工事は、翌年に見事に完成を遂げました。この橋は、荒川(当時は入間川と呼ばれ、現在は隅田川)に架けられた最初の橋であり、完成当初はその規模と重要性から「大橋」と称されました。やがて他の橋も架けられると、この橋は千住大橋と呼ばれるようになりました。

初めての架橋位置は現在地よりも約200メートルから220メートル上流にあり、天和4年(1684年)に現在の位置に移動されたと記録されています。また、歴史を通じて橋は8回にわたり架け替えられ、その都度、ヒノキ、マキ、クスノキなど多様な材料が使用されていたことが確認されています。

千住大橋は一度も流失しなかったという伝説がありますが、実際には度重なる自然災害によって何度も危機に瀕しました。特に明和3年(1766年)の流失や安永元年(1772年)に大破するなど、その存在は何度も試されたのです。最後の大きな試練は、明治18年(1885年)の洪水でした。

これらの経験を踏まえ、昭和2年(1927年)にはより現代的なアーチ橋に架け替えられ、その後、昭和48年(1973年)には交通量の増大に応じて上り専用橋が増設され、車線が分離されました。これにより、千住大橋は更なる発展を遂げ、現代に至るまで多くの人々に利用され続けています。

横山家住宅

横山家住宅

横山家住宅は、江戸時代後期に建設され、昭和11年(1936年)に大規模な改修を受けました。この住宅は、かつての宿場町・千住の歴史的風情を色濃く残しています。建物は間口約16メートル(9間)、奥行き約27メートル(15間)の堂々とした構造で、重厚な桟瓦葺の屋根が特徴です。敷地自体はさらに広く、間口約23.5メートル(13間)、奥行き約102メートル(56間)に及び、その長さは鰻の寝床を思わせるほどです。

横山家は江戸時代から続く裕福な商家であり、「松屋」という屋号を持つ地すき紙問屋として、今日でいう再生紙の取り扱いを行っていました。住宅の設計には、来客を迎える際の心構えが反映されています。具体的には、住宅の戸口が街道から一段低く設けられており、家人が下から客を見上げる形で迎えることで、謙虚さと敬意を表しています。

また、この家の柱には、幕末の動乱を物語る深い歴史が刻まれています。具体的には、上野戦争で敗れた彰義隊の士が千住に逃れた際につけられた刀傷が残されており、この家が幕末の激動にどのように関わったかの証となっています。このような特徴が、横山家住宅を単なる古い家ではなく、生きた歴史の一部として価値を高めています。

お寿司作り体験教室

東京足立区に拠点を置く「Tokyo Sushi-Making Tour」は、創業以来、6,000人以上の外国人に対して寿司作りの楽しさを伝えてきた体験教室です。この教室では、寿司作りの技術だけでなく、寿司にまつわる雑学、マナー、歴史についても学べるよう、英語に堪能な講師が総合的なプログラムを提供しています。

「Tokyo Sushi-Making Tour」は、単なる観光オプションではなく、企業のチームビルディング活動や日本語学校の授業としても利用されています。これにより、様々な背景を持つ外国人のお客様が寿司文化を深く理解し、楽しむ機会を提供しています。この体験は、参加者にとってただの料理教室を超えた文化交流の場となり、東京の豊かな食文化への理解を深める貴重な体験として高く評価されています。

千住宿歴史プチテラス

千住宿歴史プチテラス

かつての地漉き紙問屋だった横山家の内蔵を移築したこの施設は、現在はギャラリーとして活用されています。歴史の重みを感じさせる外観と内装が、訪れる人々に深い印象を与えます。

  • 住所: 東京都足立区千住河原町21-11
  • アクセス:京成本線 千住大橋駅 徒歩5分
    北千住駅(西口)からコミュニティバスはるかぜ(北千住駅西側地域循環) 千住河原町下車 徒歩すぐ
  • 公式ウエブサイト:https://www.adachikanko.net/spot/id-072

勝専寺

勝専寺

鎌倉時代から続く歴史ある寺院、勝専寺。毎年行われる「えんま開き」は、その大迫力で知られ、多くの観光客が訪れます。また、特徴的な赤レンガの本堂は、異国情緒溢れる美しさを持っています。

石洞美術館

2006年に開館したこの美術館は、世界各国から集められた美術品が展示されています。インドの宗教美術を中心に、多彩なコレクションが魅力の一つ。訪れた人々を魅了すること間違いなしです。

  • 住所: 東京都足立区千住橋戸町23
  • 開館時間:午前10:00-午後5:00 (但し入館は午後4:30まで)
  • 入 館 料大人¥500 学生¥300 ※小学生以下(要引率者)、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方は無料。
  • 公式ウエブサイト:https://sekido-museum.jp/

千住ほんちょう公園

北千住の歴史を感じることができる公園です。江戸時代の宿場町の雰囲気を今に伝えるために作られたこの公園は、訪れるすべての人に憩いの時間を提供します。

  • 住所: 東京都足立区千住4-22-16

本町センター商店街

北千住駅のすぐ近くに位置するこの商店街は、古い時代からの歴史を感じさせるスポットです。地元の人々に愛され続けているこの場所は、訪れる人々にとっても魅力的な観光地です。

  • 住所: 東京都足立区千住

吉田家

江戸時代から続く絵馬の製造を行っている老舗、吉田家。その美しい絵馬は、多くの願いと共に北千住の歴史を今に伝えます。実際に訪れてその歴史を感じてみてください。

  • 住所: 東京都足立区千住4-15-8

名倉医院

「千住の名倉」として知られるこの医院は、江戸時代から骨接ぎの技術で多くの人々を支えてきました。その歴史ある建物は、今でも多くの観光客にその姿を見せています。

  • 住所: 東京都足立区千住5-22-1

ホテルココ・グラン北千住

東京都足立区に位置する「ホテルココ・グラン北千住」は、広々とした客室と充実したリラクゼーション施設が自慢のホテルです。各客室は最低16平方メートルの広さを確保し、快適な滞在を保証します。特に、マッサージチェア付きの客室では、一日の疲れを癒す至福の時間をお楽しみいただけます。
住所:東京都足立区千住3-40-2
アクセス:北千住駅西口徒歩3分、首都高中央環状線千住新橋ICより車で約5分、羽田空港まで北千住駅から直行バス約50分
電話:03-5284-1155
標準的な部屋設備:全室バストイレ・全室シャワー・全室冷暖房・テレビ・空の冷蔵庫・ズボンプレッサー(貸出含む)
インターネット関連設備:全室対応、[接続方法] 有線LAN/無線LAN [PC貸し出し] なし [インターネット接続] 無料
http://www.cocogrand.co.jp/kitasenju/

北千住メンズエステ

日本人/駅近く/マイクロビキニ/抜き有り無し/店舗・出張メンエス店情報 – メンエスバナナ

まとめ

北千住は、その歴史と共に多くの魅力を持つ街です。地図を片手にゆっくりと歩いてみるのも、また一興。きっとあなたもこの街の魅力に引き込まれるはずです。疲れを感じたら、ぜひこの地を訪れてみてください。心地よい時間が流れる、そんな街です。