【東京アロマランス 体験談】ブラのすき間から美女の乳首を覗き見る作戦に挑戦した新宿メンズエステレポート

アロマランス体験談 新宿

🍌メンズエステ店名

東京アロマランス 新宿

🍌メンズエステ セラピスト

〇〇 〇〇さん(21歳)

🍌ホームページ


🍌東京アロマランス体験談レポート

行きつけのアロママッサージ店に行こうか?それともメンズエステに行こうか?と迷ったとき、結局いつもメンズエステを選んでしまうのですが、皆さんはいかがでしょうか?

さて今回は、メンズエステ仲間からイロイロと噂をきいていた「アロマランス」さんをはじめて利用してみました。

「アロマランス」さんのホームページは、正直なぜかピンとこない感じがして、今まで食わず嫌いしてしまっていたので、仲間にすすめられては見たものの、いまひとつテンションが上がらないまま恐る恐る予約を済ませ、家を出発。

「東新宿駅」からの道中、昔友人に紹介されたあまり好みではない女の子とデートして帰り際になんとなくキスをしようとして断られて後日友人に笑われた話を思い出しながら歩いているうちに、「アロマランス」さんに案内されたマンションに到着。

なんであんな事思い出したんだろう?と不思議におもいながら、綺麗なマンションのエントランスでオートロックを開けてもらい、エレベータで指定された部屋へ。

ピンポンを鳴らし、ボーと待っていると、10秒くらいで玄関のドアがオープン

う~ん、美人なんだけどタイプではない

ドアが開いて現れた女性は、ホームページで見た写真の印象よりも綺麗ではあるものの、美人に気遅れしてしまう私としては「もっと芋っぽい子の方がいいなぁ」というのが第一印象。

とはいえ、美人さんが胸元があいた衣装でにこやかにお出迎えしてくれているのは嬉しいことなので、こちらもニコッとお辞儀して室内へ。

部屋のなかはなんかいい香り

というか、この美人さんが良い香り

香水?お化粧?体臭?なにかわからないけど落ち着くセンスの良い優しい匂い。

良い匂いがするひとって、男女ともにモテるよなぁと思いつつ、美人さんの後ろ姿(おもにお尻)を眺めながら、部屋の奥へ

料金は、メンエス仲間にきいていた通りの内訳で、2万数千円を支払い、シャワーの準備に向かう美人さんの小さめのお尻を眺めながら、セルフ脱衣

準備を終えて迎えにきてくれた素敵なお尻の美人さんに案内されシャワーへ。

お風呂場で自家発電する男性がいるんだよなぁ、家までガマンできないのかなぁ、と思いながら耳の後ろまで丁寧にワシャワシャ洗ってシャワータイム終了。

タオルで体を拭きながら、あきらかにうしろ髪に泡が残っていてシュワシュワ音がしているものの今さらシャワーに戻るのも面倒なのでタオルの端っこを水で濡らしてふきとり、紙パンツをぴっちり食い込ませ、部屋へ帰還。

スラリとした美人さんが色っぽいキャミ?ベビードール?でお出迎えしてくれて「ほんとうにお綺麗ですね」とおべっかを言いながら、腰に巻いていたタオルをお腹を凹ませながらはずし、マットレスに。

この時、本音では「ベビードール姿でもピンと来ないなぁ…今日は楽しめないかもなぁ…」とひとに紹介してもらうと自分の好みとあわなかったりするよなぁと後悔ぎみの心境でした。

ただ、唯一興味が湧いていたのが「ブラのすきま」

この美人さん、本当にお綺麗でスタイルもスラリとしているものの、おっぱいはBカップかせいぜいCカップで胸は小さめ

で、おっぱいが小さい女性にありがちな「ブラがカパカパ状態」なのは、さっき腰タオルを外している際にこっそり確認済。

あのカパカパなブラなら、すきまから乳首が見えるはず

ならば、今日の目標は「乳首を見る」以外にない。

美人はタイプではないものの、それでも乳首は見たい

そうと目標が決まれば、がぜんやる気がわいてくるもので、美人さんが油断してくれるようにさわやかなトークを全力で領域展開

エッチなことになんて興味ないんです私は癒やされたいだけなんです、といったセルフイメージをもってキワキワを攻められても、よつんばいにされても気持ちいいとかあえぎ声を発することなどなくクリーンな紳士をよそおって笑いあふれる話を続け、いざ本番のあおむけへ

ここまで完璧なほどの健全紳士を演じている為、美人さんも私を疑う気持ちは皆無

ただ、この作戦には大きな落とし穴が…

あまりにも健全で、あまりにもエロに興味がない素振りをすると、女性はどう思うのか?

「あぁ、このひとにはエッチなことはしてはいけないんだ。」

そう、まさに灯台下暗し

紳士モードで油断させて前かがみになった時に「乳首」を拝見する作戦がモロに裏目に出てしまい、まったくエロい展開にならない

メンエス仲間にきいていた話ではムフフな展開もあったのに、私の健全ジェントルマン作戦のせいで、ド健全メンズエステに。

オーマイゴッド。

前かがみになることもなく、事故も起こることなく、健全に、さわやかに、紳士淑女のままに時間が過ぎてゆく…

ここから巻き返すか!?

「ぼく、実はエッチなおじさんなんです!あなたの乳首が見たいんです!お友達からお願いします!」

と今さらひっくり返す勇気はチキンバナナな私には到底できることもなく、結局そのまま、タイムオーバー。

この美人さんはなにひとつ悪くないです。

マッサージも上手いし、肌はもっちりすべすべだし、ゆびさきはテクニシャン系の動きだったし、私がよけいな作戦を遂行せずに彼女に身を任せていれば、私は天国にも登る体験が出来たはずなんです。

あくまで私のひとり相撲。

策士策に溺れる。

今度は好みのタイプの、ちょっと芋っぽい、素朴系女子を指名して、再訪しようとおもいます。

P.S.この日の私は、メンズエステ業界で最も純粋なおちんちんの持ち主でした。



💘”体験談”からオススメの新宿のメンズエステ店特集💘

🍌メンズエステ店名

東京アロマランス 新宿

🍌メンズエステ セラピスト

〇〇 〇〇さん(21歳)

🍌ホームページ

🍌爆サイ

🍌Twitter

🍌Googleマップ